妊娠期 安産 ハーブティー

ハーブティーを楽しむためのグッズ1

ハーブティーを楽しむためのグッズ1

ハーブティーは使う茶葉が違うだけで、普段飲んでいるお茶と作り方は一緒です。
ハーブティーを入れるだけなら、緑茶用の急須で味わうことができますが、
ハーブティーの醍醐味はやはりその色や香りにあります。

 

ティーセットなども少しこだわりを持ってみると、
その楽しみを一層深いものにしてくれるのは間違いありません。

 

たとえば、色がハッキリ見えるように耐熱ガラスでできたティーセットにすると、
見た目にもオシャレで楽しい雰囲気ができあがります。
今回は、ハーブティーの楽しみを広げる様々なアイテムについて紹介します。

 

 

■ティーカップ
ティーカップといえば、もちろんハーブティーを飲むときに使われるものです。
普段はコーヒーカップやマグカップで代用される方も多いと思うのですが、
実は少しずつ特徴が違っています。

 

たとえば、マグカップはずん胴なものが多く、大容量になっていて、
あまり細かいことを気にせず、たくさん飲みたい時に汎用カップなんだそうです。

 

コーヒーカップの場合は、冷めにくく、またコーヒーの色の深みを強調するために、
底が深くなっているものが今は多いそうです。

 

ティーカップは、コーヒーカップよりも底が浅く、器口が広いことが多いです。
これは、紅茶やハーブティーの透明感を見せると共に、
香りが強く感じられるような作りになっているのです。

 

最近はガラス製のカップや、白色の陶磁器のティーカップも多く、
これらはハーブティーの色合いをより表現できますので人気があります。

 

ハーブティーを一人で楽しむ人には、
茶漉しと蒸らすための蓋がセットになっているティーカップもお勧めです。

 

ハーブティーは茶葉をたくさん入れた方が美味しく作れるのですが、
作った分を全部飲むとなると大変な時もありますから、
こういうおひとり様用の道具はとても便利です。

 

 

■ティーポット
ティーポットはハーブティーを入れるためのポットです。
ハーブティーは、色の変化や茶葉が動く様子も面白く見ることができるので、
ガラス製のポットが人気があります。

 

茶漉しがついていると、どうしても葉がお湯の中を踊る姿が見れないため、
茶漉しのないタイプがお勧めです。
もちろん、その場合は茶漉しはカップに入れるタイミングで行いましょうね。
注ぎ口が広めのものは、香りが豊かに放たれてついついウットリしてしまいますよ。

 

 

少しいつもと違ったグッズを使うことで、よりハーブの癒し・リフレッシュ効果を
期待できるかもしれませんね。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ