妊娠期 安産 ハーブティー

妊娠期に飲んではいけないハーブティーと安産ハーブティー

妊娠期に飲むべきでないハーブティー

産前・産後に良い効果をもたらすことが期待されて、妊娠中の飲み物にハーブティーを推奨する医療機関が増えてきており、
ハーブティーが注目を集めるようになっています。

 

しかしながら流行のハーブティーには様々なハーブの種類があり、またブレンドされたものも多く、
どのようなハーブティーを選べば妊娠時に良い効果が現れるのかが、分かりにくくなっていることは否めません。

 

 

ただ、ハーブには様々な機能性があることは昔から言われていて、世界の各国で呼び名は変わりますが
美容や医療に使われてきた歴史と実績があることは確か。
ですが、その機能の中には逆に体調や状況によっては好ましくないものもあります。

 

今回は、そんなハーブの中から、妊婦さんが飲むべきでないハーブティーの素材をご紹介したいと思いますので、
妊婦さんはぜひ参考にして気をつけてくださいね。

 

 

 

前述の通り、ハーブには様々な機能があります。
それは、体に何かの効果をもたらすということですが、
闇雲に使うのではなく、自分の体の状態をよく考えながら使用することが大事です。

 

 

たとえば、子宮を収縮させる作用があるものは、出産時期や産後の回復には効果的である一方で、
妊娠初期には早産のもとになってしまう危険性もあるのです。
ヨーロッパでは昔から伝統的に民間療法としてハーブが用いられてきていて、
近年になってもその効果は科学的に研究され、その結果を公表しています。

 

こうした調査結果によると、妊娠中には飲むべきでないものには以下があります。

 

 

<なるべく控える>
・アンジェリカ
・クローブ

 

<多量の摂取は控えるべき>
・タイム
・パッションフラワー
・レモングラス
・ローズマリー

 

<飲むべきではない>
・セージ
・セントジョーズワート
・チェストツリー
・フェヌグリーク
・ボリジ
・レディスマントル

 

 

ラズベリーリーフは妊娠期に良いとされているハーブですが、このラズベリーリーフだとしても妊娠後期〜授乳中はオススメされますが、
妊娠初期においては飲むべきではないとされています。

 

多量の摂取は控えるべきいうハーブは、少量を食事やお茶で使う分には問題ありません。
ただ、気に入っても毎日にならないように気をつけましょう。

 

また、ブレンドされると割合がわからない場合も多いので、大丈夫だろうと毎日飲んでしまいがちですが、気をつけるようにしましょうね。
正確に知りたい場合は、なるべく専門店でスタッフの方に確認するようにし、
特に妊娠中であること、その経過月数などを正しく報告した上で、体に負担の無いものや飲み方を確認して選ぶのが賢い方法です。

 

 

ちなみに、ハーブは効果が強い反面、薬などを日常的に服用している場合、
組み合わせによっては有効に働かない場合もあります。
もしも常飲しているハーブティーがあるなら、薬との組み合わせについて医師や薬剤師の方にも確認する方が賢明です。

 

母乳不足解消、おススメハーブティーは?

ハーブティーが母乳不足解消に、とても効果があるのだそうです。
ヨーロッパなどでは、昔から出産、授乳に効果のあるハーブを利用した民間療法が盛んです。

 

ハーブティーといえばリラックス効果が得られるとうイメージが、
最も強いのですが母乳の出を良くしてくれる効果があるのだとすれば、女性には嬉しい話ですね。

 

これから出産という女性や、授乳中の方に嬉しい、ハーブティーの飲み方、
効能などを紹介していきます。
是非参考にしてくださいね。

 

 

ラズベリーリーフ

産科で、治療の補助としても使われていることのあるハーブです。
専門家も勧めているいるもので、「安産のハーブ」などという呼ばれ方も。

 

母乳の出を良くする、出産自体を楽にしてくれる…と、ヨーロッパでは古来から使われています。

 

出産の時の陣痛の痛みを和らげてくれ、子宮の収縮効率を高めて、
安産を促す効果があることや、母体の回復にも効果があるそう。
そのため、妊娠後期〜出産直後という時期に特におススメです。

 

出産後の母乳の出もよくしてくれて、産後のうつになりやすい気持ちを
向上させてくれるという効果もあります。

 

完全母乳での育児を目指している方には、是非お試しいただきたいハーブティ。
とっても飲みやすいですよ。

 

 

フェンネル

フェンネルは、デトックス効果で有名ですよね。
実は、デトックスだけでなく、母乳にも効果があります。

 

古代ギリシャ時代から使われ続けているそうで、フェンネルにはホルモンに似た作用があるために、
母乳の出を促進してくれる効果があると考えられています。

 

カレーのような味で、スパイシーなので、単品として使うよりも、ブレンドして飲んだほうが飲みやすいです。
ハーブティーとして飲むだけでなく、ブイヤベースといったような魚料理の香辛料として使われていることもあります。
どちらかというと、「お茶」といったものより、スパイスといった捉え方の方が合っているのかも…。

 

 

ネトル

ネトルは昔から血液をキレイにしてくれるとして、
「血を作るハーブ」などといった呼ばれ方をしています。
母乳は血液から作りだされます。そのため、上質な母乳を作ってくれるそうです。

 

ビタミン、鉄分などが豊富に含まれていて、貧血予防や、婦人病の治療にも使われてるのだとか。

 

また、花粉症や喘息の症状を和らげてくれる効果もあるといわれています。
緑茶に似た味をしていて、単体でも飲みやすく人気です。

 

ネトルティーは、子宮刺激作用があるために、妊婦には摂取不向きという話を
聞きますが、妊婦におすすめしているところもあるようです。
じっくり調べてから飲むことをおススメします。

 

 

その他

授乳期のお母さんにおススメなハーブティーは、いくつかご紹介した以外にもたくさんあります。

 

多くの方が耳にしたことがあるだろうと思うところでは、ルイボスティー。
ノンカフェインだし、ミネラル豊富です。

 

ローズヒップもビタミンCがたくさん詰まっていて良いですね。
ローズヒップは母乳の出を良くしてくれる効果もあります。

 

タンポポ(タンデライオン)は、ノンカフェインなのに、まるでコーヒーのような風味で、これも人気が高いです。
コーヒー大好きなのに、授乳中でコーヒーが飲めないなどといった方にはかなり好評なようです。

 

大好きなものを絶っていても、それに似た風味を楽しめることで、
リラックス効果も期待できますよね。

 

 

 

ハーブティーは上記のように、ハーブの成分により、母乳にとても効果を発揮してくれます。
産後の授乳期に母乳不足を解消するハーブティーの存在は、嬉しいですよね。

 

母乳だけでなく、睡眠時間のあまり取れない、心身ともに疲れてしまう
お母さんへのリラックス効果も得られて、疲れを紛らわすことが出来るでしょう。
単体で楽しむのも良し、ブレンドしてみるのも楽しいかと思います。

 

「ゴボウ茶」は近年話題になっています。
これはハーブではないけれど、乳腺炎といった授乳中のお母さんのトラブル予防に効果があるそうですよ。
覚えておくと役立つかもしれませんね。

 

安産に効果のあるラズベリーリーフとは

ラズベリーリーフは、ヨーロッパでは「安産のハーブ」と呼ばれるハーブ。
どうしてそのように言われるかと言いますと、子宮を収縮させる効果がある他、産後の体の回復を助け、ホルモンバランスを整えてくれる効果があるからです。そのため、出産を前に控えた妊娠後期〜出産前後にオススメされるハーブです。

 

しかしながら、妊娠初期にはその効果によって早産や流産を招くリスクもあるため、正しく使わなければならないハーブでもあります。今回はそんなラズベリーリーフについてご紹介していきたいと思います。

 

 

ラズベリーリーフというのは、その名前のごとく果実のラズベリーの葉です。
この葉には多くの有効成分が含まれ、特に妊娠期の女性のサポートにぴったりなのです。
その効果が認められてヨーロッパでは助産師が産前産後にラズベリーリーフのハーブティーを飲むことを推奨しているほどなんですよ。

 

そのようなラズベリーリーフの特徴としては、

 

 

■子宮の収縮作用
子宮を収縮させる作用があるため、出産時の出血を抑え、分娩を楽にします。
安産のハーブの所以ですね。
実際、ヨーロッパで行われた研究結果では、3ヶ月間毎日ラブベリーリーフのお茶を飲んだ妊婦さんは
そうでない妊婦さんと比べて出産に要する時間も短く、トラブルも少なかったそうです。

 

 

■産後の回復をサポート
ラズベリーリーフは妊娠後の体の回復を助け、また母乳の出も良くしてくれます。
それに、妊娠期に特に不足しがちな鉄分を補ってくれるために産前産後に有効です。
妊婦には良くないといわれるカフェインも含まないので安心です。

 

 

■ホルモンバランスの調整効果
ラズベリーリーフの効果でホルモンバランスが安定すると言われています。
ホルモンバランスの安定は、産前産後でなくとも生理痛の緩和や生理不順、
更年期障害といった女性特注のお悩みに効果的と考えられます。

 

また、妊活という言葉が最近は注目されるようになってきましたが、
ホルモンバランスは妊娠をもたらす上でも大事な要素であり、妊娠を望む方の間でも注目されているハーブのひとつです。

 

 

 

ただ、冒頭で触れた通り、その強い子宮の収縮作用は妊娠初期には逆効果です。
子宮の収縮によって流産や早産の原因となってしまうこともあるのです。
ですから、妊娠がわかってからはしばらくは控えるようにしてください。

 

推奨されるのは、妊娠8カ月目以降に飲用される場合とのことです。
逆に妊娠後期になったら、たくさん飲んで大丈夫ですので安産に向け頑張りましょう。
おおよその目安は1日あたり2杯、3杯くらいですから、難しくはありませんね。

 

単体のハーブティーとしても良いですし、他のハーブとブレンドしても美味しくいただけます。
ハーブティーで身も心もリラックスさせて、楽しく出産を迎えられると良いですね。
母乳ハーブティー

 

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ